ホーム  >  センチュリ21稲毛ホーム  >  スタッフブログ  >  今年のプロ野球について

今年のプロ野球について
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2020/04/20 17:55

お世話になっております!
営業部の内園です!

現在、コロナウイルスが蔓延し
日本各地で自粛ムードが広がっています。

エンタメ業界やスポーツ界もその例に漏れず、
多くのイベントが中止したり、開幕が延期となっております。

プロ野球界も5月開幕を断念し、交流戦も中止となる等、
大きな影響を受けております。

しかし、こんな時だからこそ、あえて今年のプロ野球の注目ポイントを
お伝えしたいと思います!

開幕が延期し、試合数が大幅に削減されることが予想される
今シーズンだからこそ注目したい大きなポイントが一つあります。

それは「打率4割、防御率0点台への挑戦」です!

打率や防御率といった割合系の記録は打席、イニング数が増えるほど
一定の数値に収束していきます。
しかし、今シーズンは試合数が減る為、打席やイニング数も少なくなり
極端な数値が出やすい状況となります。

これまで、防御率0点台は元阪神タイガースの村山実投手が1970年に記録して以来
50年出てきておらず、打率に至っては同じく元阪神タイガースの
ランディバース選手が記録した.389が最高で4割打者は誕生しておりません。

昨年においても1か月単位では4割や0点台の選手は出てきているので
その好調を保てる選手が出てくれば十分に狙えると思います!

しかし逆に言えば極端に低い数値を記録する可能性もあり、
1割打者や防御率6点台の選手が現れるかもしれません。

そういった想像ができるのも今年の状況だからこそなので、
今から達成できそうな選手等を妄想しつつ、開幕を心待ちにしたいと思います!

以上、営業部の内園でした!

ページトップへ